飲み会でのお酌や乾杯

飲み会でのお酌や乾杯

上司や先輩とともに行う飲み会は、
お酒を飲む場所であると同時に自らのビジネスマナーが試されるシチュエーションでもあります。
飲み会に関するマナーを知っているかどうかで、
皆さんに対する上司や先輩の評価が決まってしまうことも少なくないのです。
今回は、先輩や上司と飲む際に知っておきたい飲み会におけるお酌や乾杯のマナーについて見ていきましょう。
お酌とは、ご存知のようにお酒をグラスやお猪口に注ぐことです。
飲み会におけるお酌は、日頃の感謝や敬意を表すしぐさの1つでもあります。
必ず目上の人の横へ移り、自分からお酒を注ぐ姿勢を見せましょう。
ビールを注ぐ際には、瓶のラベルを天井の方に向けるのが最低限のマナーです。
右手で瓶を持ち左手は下から支えるようにして上司のグラスへ素早く注いでいきます。
こうすることで、ビールの黄色い部分がグラスの下部分に溜まるのです。
半分ほど注いだらグラスを少しずつ立てて、ビールが注がれる速度を緩めましょう。
注がれるスピードが遅いと、今度は泡となってグラスに現れます。
下部分は黄色い液体、
上の部分は白い泡としてビールを注ぐと見た目にも非常に美しくなります。
自分が注いだら今度は上司にビールを注いでもらいましょう。

グラスを両手でしっかりと持つようにしてください。
日本酒を注ぐ際にも、基本的にはビールと同様です。
徳利の模様を上にしながら、お猪口に少しずつ注いでいきましょう。
お猪口の8割ほどで止めるのがマナーとなっています。
上司と自分のグラスにお酒が注がれたら、乾杯に移りましょう。
立場や役職が下の人はグラスを下から当ててください。
上司のグラスの下半分の位置に自分のグラスの飲み口を当てるイメージです。
反対に、上司のグラスの飲み口が自分のグラスの下半分にあたってしまうと失礼に当たるので注意してください。

 

飲み会に使いやすい居酒屋、隠れ家個室居酒屋 匠-たくみ- 浜松店です。


このページの先頭へ戻る